2010/06/15 火曜日

偕楽園で散歩

ホテルをチェックアウトして、そこに荷物を預かってもらって、いざ偕楽園に行きましょう。


駅前からバスが出ていると思うので、とりあえずどこから乗ればいいのか探そうとしたら、方向幕に「偕楽園」とかかれたバスが偶然目の前に止まり、写真を撮る暇もなく乗り込んでしまいました。


バスの中には不思議な文章が。「お願い バスがよく止まってから席をお立ち下さい。」。バスの「よく止まって」いる状態というのは、どういう状態をさすのでしょうか?よく止まっていないバスというのは、どういう状態なのでしょうか。謎です。この場合、「よく」はいらないのでは?

とかなんとか、つまんないことを考えていたら到着しました。こちらに乗ってきました。


歩き出してすぐ、こんなものがあります。ここは臨時駅の偕楽園駅です。梅まつりの時期だけしか停車しない駅なんです。普段は入れないようにこんなかたちになっています。


こちらは農人形の碑の上にあった農人形です。農人形とは、昔9代水戸藩主の徳川斉昭という方がお膳の上にこの小さな農家の人が笠を逆さまにして持っている像を置いて、食事の際にほんのすこしご飯をこの笠のなかに入れて、農家の苦労があってこそこうして食事ができることへの感謝を表していた、というためのものだそうです。素敵な藩主です。


偕楽園のとなりに、昔梅林だったところを削って作ったという、常磐神社があります。ご神体は、水戸光圀と徳川斉昭です。


入ってみましょう。まずは手水舎によります。清めないといけませんから。


...

なんだか虚しい看板を見つけました。こんなことを説明しなければいけないほど、神社へのお参りの仕方は忘れられてしまっているんでしょうか。


こちらが本殿です。なかなか立派な鳥居と建物です。手入れも行き届いているようです。気持ちよくお参りできそうです。


こちらは、徳川斉昭が幕末のころ黒船の脅威などから国を守るために大砲を作らせたのですが、その溶解炉だそうです。立派な殿さまです。


こちらは、水戸黄門が京都の竜安寺に寄進した「知足の蹲踞」(ちそくのつくばい)を模したものだそうです。かかれている「吾唯足知」の4つの漢字は、「吾唯足るを知る」(われただたるをしる)と読み、ざくっといえば、あるものはある、ないものはない、それでよい、不満に思わず満足する、というような意味だそうです。口を4つの漢字で共有するなんて、昔の人もおもしろいことを考えますね。


こちらは常磐神社義烈館で、いろいろな資料などがおいてあります。大砲もありました。中の写真を撮ってはダメとのことなので、載せられませんが。


では、偕楽園に入ってみましょう。こちらは東門。ほかに3つほど門があるようです。


偕楽園ラーメンなるものがこの世に存在するらしいです。500円という安さなので、なかなかの味付けなのでしょう...


偕楽園の中はこんなかんじです。もう梅の花の季節は終わっているので、一面緑です。かなり綺麗な場所ですね。なかなか素敵です。



地面には梅の実が落ちています。そういえば、ここの梅は袋詰めして販売するイベントがあったという話を聞いたことがありますが、そのあまりなのでしょうか? 

木にもまだまだいっぱい実がついています。販売も何も、採ろうとと思えば採れちゃうカンジなのですが...いいのかな?


こちらは御成門から梅園を望む、ということで。


名木なのか、「虎の尾」という札がわざわざ置いてある、そんな梅の木です。すみません、調べていませんが、たしか六名木というのがあったような気もしますので、きっとそれでしょう。


こちらは好文亭表門です。他と違って、背も高く、塀もいかついようで、なんだか立派になっています。


こちらは一の木戸だそうです。これ以降、2や3の木戸を見ることはなかったのですが、とにかく一の木戸です。


一の木戸の先は、梅林ではなく竹林になっています。


また名木らしきものの登場です。他との違いがよくわかりませんが...


こちらは太郎杉。樹齢約750年だそうです。


こちらは吐玉泉です。きれいな湧水がでています。これをくんでるおっさん二人がなにやら胃腸が快調になったとか、健康にいいんだとかわいわい騒ぎながらペットボトルに水を汲んでいます。健康云々は眉唾な雰囲気ですが、こういうのを汲んで帰れるところに住んでいるのは羨ましい限りです。


梅や竹の林を抜けると、こんな開けたところに出ました。こちらも気持ちいい公園になっています。



また偕楽園本園の方にもどります。すると今度は杉林です。いろんな変化のある公園で、おもしろいものです。 

 

こちらは好文亭中門だそうです。ここをくぐると好文亭に到着します。 

中門と反対側には、芝前門というものがありました。


入館料190円です。しかも「つり銭のないようにお願いします」だとか、「10円玉が不足しています」だとか書かれています。じゃあ200円にすればいいのに。あえて190円にして、お願いしますって、なんでやねん!

中は許可無く撮影するなと書いてあったので撮らずに見学しました。いろんな木や花を描いた襖がみごとな建物です。公園を歩いて汗をかいていましたが、建物のなかは気持ちの良い風がふき、ゆっくりと過ごすことができます。

こちらは仙奕台(せんえきだい)というところで、良い景色を楽しみながら雅に過ごした場所なんだとか。


こんな景色が広がっています。風も気持ちよいです。


なんだか大勢のおじさんおばさんがいます。みんなで木を揺らしています。


足元にはこんなに実が。これ、どうするのかを聞いた所、全部捨てちゃうんだとか。これ、なにか農業だとか畜産業だとかにつかえないんですかねぇ。もったいない。

そんなこんなで、のんびりといい散歩ができました。もうお昼になろうとしているので、駅に戻り、成田に向けて出発しようと思います。

 

ではまた。

コメント:



※申し訳ありませんがコメントフォームは携帯電話のブラウザからは書き込めません。Ajaxでの認証なので...
コメント
  • HTML文法 許可

今回の経路(地図)

こちらをクリック(ほぼ完成)

今回の経路(一覧)

稚内
05/24
音威子府
05/24
宗谷本線
名寄
05/24
新旭川
05/24
上川
05/24
石北本線
網走
05/25
知床斜里
05/25
釧網本線
川湯温泉
05/25
標茶
05/26
東釧路
05/26
釧路
05/26
根室本線
帯広
05/26
富良野
05/27
美瑛
05/27
富良野線
旭川
05/27
函館本線
岩見沢
05/28
室蘭本線
沼ノ端
05/28
南千歳
05/28
千歳線
(函)白石
05/29
札幌
05/29
函館本線
小樽
05/30
倶知安
05/30
比羅夫
05/30
長万部
05/31

05/31
五稜郭
05/31
江差線
木古内
06/01
竜飛海底
06/01
津軽海峡線
中小国
06/01
津軽線
青森
06/01
東北本線
八戸
06/02
東北新幹線
盛岡
06/02
山田線
釜石
06/02
遠野
06/02
釜石線
花巻
06/02
東北本線
北上
06/03
北上線
横手
06/03
大曲
06/03
奥羽本線
秋田
06/04
象潟
06/04
羽越本線
酒田
06/04
あつみ温泉
06/04
坂町
06/05
米坂線
米沢
06/05
山形
06/05
奥羽本線
大石田
06/05
新庄
06/06
中山平温泉
(06/06)
陸羽東線
鳴子温泉
06/07
小牛田
06/07
東北本線
一ノ関
06/07
大船渡線
気仙沼
06/07
気仙沼線
前谷地
06/07
石巻線
石巻
06/07
松島海岸
06/07
仙石線
仙台
06/07
東北新幹線
福島
06/08
東北本線
岩沼
06/08
原ノ町
06/08
常磐線
いわき
06/08
磐越東線
(北)郡山
06/08
猪苗代
06/08
磐越西線
会津若松
06/09
津川
06/09
新津
06/09
信越本線
長岡
06/09
上越新幹線
新潟
06/09
越後線
柏崎
06/10
信越本線
宮内
06/10
上越線
越後川口
06/10
十日町
06/10
飯山線
津南
06/11
戸狩野沢温泉
06/11
豊野
06/11
信越本線
直江津
06/11
筒石
06/11
北陸本線
糸魚川
06/11
南小谷
06/13
大糸線
松本
06/13
篠ノ井線
篠ノ井
06/13
信越本線
長野
06/13
北陸新幹線
高崎
06/13
上越新幹線
越後湯沢
06/13
水上
06/14
上越線
新前橋
06/14
両毛線
小山
06/14
宇都宮
06/14
東北本線
黒磯
06/14
安積永盛
06/14
水郡線
水戸
06/14
常磐線
新松戸
06/15
武蔵野線
南浦和
06/15
東北本線
赤羽
06/15
埼京線
池袋
06/15
田畑
06/15
山手線
秋葉原
06/15
錦糸町
06/15
総武本線
千葉
06/15
佐倉
06/15
成田
06/15
成田線
松岸
06/16
総武本線
成東
06/16
東金線
大網
06/16
外房線
安房鴨川
06/16
館山
06/16
内房線
富浦
06/17
保田
06/17
浜金谷
06/17
君津
06/17
蘇我
06/17
新浦安
06/17
京葉線
舞浜
06/17
東京
06/18
東北本線
神田
06/18
国分寺
06/18
中央東線
西国分寺
06/18
武蔵野線
武蔵浦和
06/18
埼京線
大宮
06/18
高崎線
倉賀野
06/18
高麗川
06/19
八高線
拝島
06/19
青梅線
立川
06/19
南武線
武蔵小杉
06/19
横須賀線
品川
06/19
東海道本線
川崎
06/20
南武線
尻手
06/20
南武線
浜川崎
06/20
鶴見線
鶴見
06/20
東海道本線
横浜
06/20
磯子
06/20
根岸線
大船
06/20
東海道本線
国府津
06/20
御殿場線
沼津
06/20
東海道本線
富士
06/20
身延線
甲府
06/20
中央東線
八王子
06/21
横浜線
新横浜
06/21
東海道新幹線
小田原
06/22
熱海
06/22
東海道本線
三島
06/22
東海道新幹線
静岡
06/22
浜松
06/22
東海道本線
豊橋
06/23
飯田
06/23
飯田線
辰野
06/24
川岸
06/24
中央東線
岡谷
06/24
中央東線
塩尻
06/24
中央西線
(中)金山
06/24
東海道本線
名古屋
06/24
関西本線
亀山
06/25
多気
06/25
紀勢本線
熊野市
06/25
新宮
06/25
紀伊勝浦
06/25
串本
06/26
紀伊田辺
06/26
和歌山
06/26
橋本
06/27
和歌山線
五条
06/27
(和)高田
06/27
桜井線
奈良
06/27
関西本線
今宮
06/28
大阪
06/28
大阪環状線
京橋
同志社前
06/28
片町線
木津
加茂
06/28
関西本線
柘植
草津線
草津
大津
06/28
東海道本線
山科
06/29
湖西線
近江塩津
06/29
北陸本線
米原
06/29
大垣
06/29
東海道本線
岐阜
06/29
高山
06/29
高山本線
猪谷
06/30
富山
06/30
金沢
06/30
北陸本線
敦賀
07/01
小浜
07/01
小浜線
東舞鶴
07/02
舞鶴線
綾部
07/02
園部
07/02
山陰本線
嵯峨嵐山
07/02
京都
07/03
東海道本線
新大阪
07/03
山陽新幹線
西明石
07/03
山陽本線
神戸
07/03
三ノ宮
07/03
東海道本線
尼崎
07/04
福知山線
福知山
07/04
城崎温泉
07/04
山陰本線
浜坂
07/05
鳥取
07/05
智頭
07/05
因美線
東津山
07/05
林野
07/05
姫新線
姫路
07/06
山陽本線
相生
07/06
赤穂線
(山陽本線を選択乗車)
東岡山
07/06
山陽本線
岡山
07/06
津山線
津山
07/06
姫新線
新見
07/07
伯備線
倉敷
07/07
山陽本線
福山
07/07
府中
07/07
福塩線
塩町
07/07
備後落合
07/07
芸備線
備中神代
07/07
伯備線
伯耆大山
07/07
米子
07/07
山陰本線
出雲市
07/08
温泉津
07/08
江津
07/09
三江線
三次
07/09
芸備線
広島
07/09
宮島口
07/10
山陽本線
岩国
07/10
岩徳線
(山陽本線に乗車)
櫛ヶ浜
07/11
山陽本線
新山口
07/11
津和野
07/11
山口線
益田
07/11
東萩
07/11
山陰本線
長門市
07/12
美祢
07/12
美祢線
厚狭
07/12
下関
07/12
山陽本線
門司
07/13
鹿児島本線
西小倉
07/13
別府
07/13
日豊本線
宮崎
07/14
都城
07/14
吉都線
吉松
07/15
肥薩線
隼人
07/15
日豊本線
鹿児島
07/15
鹿児島中央
07/15
鹿児島本線
(鹿)川内
07/15
九州新幹線
新八代
07/15
熊本
07/15
鹿児島本線
久留米
07/16
久大本線
夜明
07/16
日田彦山線
田川後藤寺
07/17
後藤寺線
新飯塚
07/17
筑豊本線
折尾
07/17
鹿児島本線
吉塚
07/17
篠栗線
(筑)桂川
07/18
筑豊本線
原田
07/18
鹿児島本線
鳥栖
07/18
吉野ヶ里公園
07/18
長崎本線
佐賀
07/18
肥前山口
07/19
諫早
07/19
大村線
早岐
07/19
佐世保線
肥前山口
07/19

Calendar

最近のエントリ

Feeds

Links

Navigation