2010/07/08 木曜日

出雲大社

では、荷物をコインロッカーに入れて、出発しましょう。


こちら、出雲駅です。入り口が強烈なインパクトです。


こちらは、駅前にあったからくり時計だと思われるものです。本当に動くかどうかは知りません。


では、バスがきたので出発しましょう。


こちら、日本一の大鳥居というものです。


出雲大社につきました。

バスで行く場合には、出雲大社バス停で降りて参道の横から向かう方法、これは自家用車で行く場合も同じく参道の横から入っていくことになるんですが、それ以外に、正門前バス停で降りて、この写真の位置から入っていく方法の2種類がありまして、わたくしは参道をしずしず歩きたいので、正門前で降りました。ちなみに、正門前バス停まで490円、出雲大社バス停まで510円です。20円もお得!


こんな雰囲気の参道です。気持ちよい空間ですよ。


こちらは、因幡の白うさぎの像です。このお話は、出雲大社の祭神、大国主命とうさぎが主人公です。


こちらは、幸魂奇魂の像です。この幸魂奇魂のおかげで、大国主命は人のつながり、縁結びの神様ということになったそうです。縁結びだからって、男女の話ではなくて、すべてのつながりを縁と言っているんです。


こちらは手水舎。左側にある看板には、8月9月に工事現場見学会があるよ、詳しくはホームページでね、みたいなことがかかれています。気になる...


では、入りましょう。今日はそんなに混んでいないので、うれしいです。


こちらでお参りします。

こちらは拝殿だったんですが、現在本殿の工事中であり、そこに神様がいる状態で屋根工事なんてできない、とのことで、拝殿を御仮殿ということにして、今はここに神様がいることになっています。


この大きな注連縄の下でお参りをします。


こちらは、本殿の工事現場です。すっぽりと被われて、中の様子がわからなくなっています。工事は2013年まで続くそうです。


こちらは本殿の入り口にある門です。この門の先に本殿があるんです。

ちなみに、わたくしのような出雲大社好きな人々は、この門を左手に進み、本殿の西側に行ってお参りします。実は本殿の造りは、神様が門や拝殿のある南側を向いていなくて、西側を向いているんです。ですので、神様の正面に行くには回り込まないといけません。ただし、この話はあくまで本殿に神様がいる話であり、巫女さんに質問したところ、今の御仮殿では南向きだそうですので、さきほどの参拝でOKです。


こちらは、本殿の左右にある十九社です。

みなさまは神無月をご存知でしょうか?旧暦の10月のことで、今では新暦でも10月のことをさしたりしますね。この神無月、日本全国で神無月すが、出雲だけは「神在月」(かみありづき)といいます。全国の神様が、旧暦10月には出雲に集まっていっぱいいらっしゃるので、全国では「かみなしづき」で、出雲では「かみありづき」ってことなんです。と、まあそんなかんじですが、この説は出雲から広められたということもあり、まあなにがなんだかわかりませんが、そういうのは抜きで、へーって思えればいいですよね。

で、この東西の十九社は出雲にあつまった神様たちが滞在する所ってことになっています。


本殿横から、工事現場の建物の壁のガラス戸の中に、建設中の屋根の様子がちらりと見えます。写真じゃわからないですね。


宝物殿が併設されているので、覗いてみます。写真撮影禁止なので撮っていませんが、中にはそれはそれはきれいな勾玉だとかの展示があり、興味深く過ごせます。


こちらは、本殿の西側にある神楽殿です。

ちょうど観光バスが到着したみたいで、なんだか人がたくさんいます。


こちらの巨大な注連縄の下を見てみると...


見づらいですが、たくさんお金が刺さっています。投げたコインがここに刺さると願いがかなうんだとか...

...と、誰が言い出したか知りませんが、そんなことは無いんです。いつのまにかゲームのように流行っているだけのお話ですので、楽しむためにはやってもいいですし、うまくささらなかったからといって、気にする必要もありません。


神楽殿から駐車場のほうへ歩いていくと、そこにはさざれ石が置いてあります。トロッコ嵯峨駅でもみましたよね。それの出雲大社バージョンと言うか、原産は岐阜県バージョンってことで。


そういえば、お食事を食べていませんでした。


今日はここへ向かいます。自分で「地元の人がすすめる店」と書くのはいかがなものかと思いつつ、でも実際に地元の人から紹介されたので、ここへいきましょう。


出雲そば「かねや」です。


出雲そばというのは、この割子そばスタイルで食べるんです。こちらは三色割子そば3段。4段、5段とありますよ。だしを椀の中に注いで、食べます。歯ごたえのしっかりした、香りの強い麺を楽しむことができます。そうそう、出雲そばは、長野の戸隠そば、岩手のわんこそばと並んで、三大そばというらしいです。昔の知識なので、由来だとかそういうのはわかりません...すみません。


出雲大社から出雲市駅行きのバスまであと30分ほどあるので、ちらっと散策しましょう。歌舞伎の創始者、出雲阿国が晩年過ごした地域が、この出雲のあたりだそうです。


阿国の塔(の入り口の終焉の地の碑)と、阿国の墓、それから晩年を過ごしたという連歌庵を見ております。


さて、いい時間になったので、バスで出発しましょう。バスターミナルがありますので、そこから乗ります。


こちらのバスです。人は半分ぐらい乗ったかな、という程度です。やはり路線バスや鉄道の旅行ではなく、みなさん観光ツアーのバスに乗ってくるんですね。


さて、出雲市駅にもどってきました。また旅を再開しましょう。

 

このあとは、世界遺産、石見銀山を構成する温泉「温泉津温泉」が目的地です。世界遺産登録の趣旨はともあれ、世界遺産の温泉ってことですね!

 

ではまた。

コメント:



※申し訳ありませんがコメントフォームは携帯電話のブラウザからは書き込めません。Ajaxでの認証なので...
コメント
  • HTML文法 許可

今回の経路(地図)

こちらをクリック(ほぼ完成)

今回の経路(一覧)

稚内
05/24
音威子府
05/24
宗谷本線
名寄
05/24
新旭川
05/24
上川
05/24
石北本線
網走
05/25
知床斜里
05/25
釧網本線
川湯温泉
05/25
標茶
05/26
東釧路
05/26
釧路
05/26
根室本線
帯広
05/26
富良野
05/27
美瑛
05/27
富良野線
旭川
05/27
函館本線
岩見沢
05/28
室蘭本線
沼ノ端
05/28
南千歳
05/28
千歳線
(函)白石
05/29
札幌
05/29
函館本線
小樽
05/30
倶知安
05/30
比羅夫
05/30
長万部
05/31

05/31
五稜郭
05/31
江差線
木古内
06/01
竜飛海底
06/01
津軽海峡線
中小国
06/01
津軽線
青森
06/01
東北本線
八戸
06/02
東北新幹線
盛岡
06/02
山田線
釜石
06/02
遠野
06/02
釜石線
花巻
06/02
東北本線
北上
06/03
北上線
横手
06/03
大曲
06/03
奥羽本線
秋田
06/04
象潟
06/04
羽越本線
酒田
06/04
あつみ温泉
06/04
坂町
06/05
米坂線
米沢
06/05
山形
06/05
奥羽本線
大石田
06/05
新庄
06/06
中山平温泉
(06/06)
陸羽東線
鳴子温泉
06/07
小牛田
06/07
東北本線
一ノ関
06/07
大船渡線
気仙沼
06/07
気仙沼線
前谷地
06/07
石巻線
石巻
06/07
松島海岸
06/07
仙石線
仙台
06/07
東北新幹線
福島
06/08
東北本線
岩沼
06/08
原ノ町
06/08
常磐線
いわき
06/08
磐越東線
(北)郡山
06/08
猪苗代
06/08
磐越西線
会津若松
06/09
津川
06/09
新津
06/09
信越本線
長岡
06/09
上越新幹線
新潟
06/09
越後線
柏崎
06/10
信越本線
宮内
06/10
上越線
越後川口
06/10
十日町
06/10
飯山線
津南
06/11
戸狩野沢温泉
06/11
豊野
06/11
信越本線
直江津
06/11
筒石
06/11
北陸本線
糸魚川
06/11
南小谷
06/13
大糸線
松本
06/13
篠ノ井線
篠ノ井
06/13
信越本線
長野
06/13
北陸新幹線
高崎
06/13
上越新幹線
越後湯沢
06/13
水上
06/14
上越線
新前橋
06/14
両毛線
小山
06/14
宇都宮
06/14
東北本線
黒磯
06/14
安積永盛
06/14
水郡線
水戸
06/14
常磐線
新松戸
06/15
武蔵野線
南浦和
06/15
東北本線
赤羽
06/15
埼京線
池袋
06/15
田畑
06/15
山手線
秋葉原
06/15
錦糸町
06/15
総武本線
千葉
06/15
佐倉
06/15
成田
06/15
成田線
松岸
06/16
総武本線
成東
06/16
東金線
大網
06/16
外房線
安房鴨川
06/16
館山
06/16
内房線
富浦
06/17
保田
06/17
浜金谷
06/17
君津
06/17
蘇我
06/17
新浦安
06/17
京葉線
舞浜
06/17
東京
06/18
東北本線
神田
06/18
国分寺
06/18
中央東線
西国分寺
06/18
武蔵野線
武蔵浦和
06/18
埼京線
大宮
06/18
高崎線
倉賀野
06/18
高麗川
06/19
八高線
拝島
06/19
青梅線
立川
06/19
南武線
武蔵小杉
06/19
横須賀線
品川
06/19
東海道本線
川崎
06/20
南武線
尻手
06/20
南武線
浜川崎
06/20
鶴見線
鶴見
06/20
東海道本線
横浜
06/20
磯子
06/20
根岸線
大船
06/20
東海道本線
国府津
06/20
御殿場線
沼津
06/20
東海道本線
富士
06/20
身延線
甲府
06/20
中央東線
八王子
06/21
横浜線
新横浜
06/21
東海道新幹線
小田原
06/22
熱海
06/22
東海道本線
三島
06/22
東海道新幹線
静岡
06/22
浜松
06/22
東海道本線
豊橋
06/23
飯田
06/23
飯田線
辰野
06/24
川岸
06/24
中央東線
岡谷
06/24
中央東線
塩尻
06/24
中央西線
(中)金山
06/24
東海道本線
名古屋
06/24
関西本線
亀山
06/25
多気
06/25
紀勢本線
熊野市
06/25
新宮
06/25
紀伊勝浦
06/25
串本
06/26
紀伊田辺
06/26
和歌山
06/26
橋本
06/27
和歌山線
五条
06/27
(和)高田
06/27
桜井線
奈良
06/27
関西本線
今宮
06/28
大阪
06/28
大阪環状線
京橋
同志社前
06/28
片町線
木津
加茂
06/28
関西本線
柘植
草津線
草津
大津
06/28
東海道本線
山科
06/29
湖西線
近江塩津
06/29
北陸本線
米原
06/29
大垣
06/29
東海道本線
岐阜
06/29
高山
06/29
高山本線
猪谷
06/30
富山
06/30
金沢
06/30
北陸本線
敦賀
07/01
小浜
07/01
小浜線
東舞鶴
07/02
舞鶴線
綾部
07/02
園部
07/02
山陰本線
嵯峨嵐山
07/02
京都
07/03
東海道本線
新大阪
07/03
山陽新幹線
西明石
07/03
山陽本線
神戸
07/03
三ノ宮
07/03
東海道本線
尼崎
07/04
福知山線
福知山
07/04
城崎温泉
07/04
山陰本線
浜坂
07/05
鳥取
07/05
智頭
07/05
因美線
東津山
07/05
林野
07/05
姫新線
姫路
07/06
山陽本線
相生
07/06
赤穂線
(山陽本線を選択乗車)
東岡山
07/06
山陽本線
岡山
07/06
津山線
津山
07/06
姫新線
新見
07/07
伯備線
倉敷
07/07
山陽本線
福山
07/07
府中
07/07
福塩線
塩町
07/07
備後落合
07/07
芸備線
備中神代
07/07
伯備線
伯耆大山
07/07
米子
07/07
山陰本線
出雲市
07/08
温泉津
07/08
江津
07/09
三江線
三次
07/09
芸備線
広島
07/09
宮島口
07/10
山陽本線
岩国
07/10
岩徳線
(山陽本線に乗車)
櫛ヶ浜
07/11
山陽本線
新山口
07/11
津和野
07/11
山口線
益田
07/11
東萩
07/11
山陰本線
長門市
07/12
美祢
07/12
美祢線
厚狭
07/12
下関
07/12
山陽本線
門司
07/13
鹿児島本線
西小倉
07/13
別府
07/13
日豊本線
宮崎
07/14
都城
07/14
吉都線
吉松
07/15
肥薩線
隼人
07/15
日豊本線
鹿児島
07/15
鹿児島中央
07/15
鹿児島本線
(鹿)川内
07/15
九州新幹線
新八代
07/15
熊本
07/15
鹿児島本線
久留米
07/16
久大本線
夜明
07/16
日田彦山線
田川後藤寺
07/17
後藤寺線
新飯塚
07/17
筑豊本線
折尾
07/17
鹿児島本線
吉塚
07/17
篠栗線
(筑)桂川
07/18
筑豊本線
原田
07/18
鹿児島本線
鳥栖
07/18
吉野ヶ里公園
07/18
長崎本線
佐賀
07/18
肥前山口
07/19
諫早
07/19
大村線
早岐
07/19
佐世保線
肥前山口
07/19

Calendar

最近のエントリ

Feeds

Links

Navigation