2010/07/16 金曜日

天の岩戸神社へ

では、夜明駅から最長片道ルートをはずれてみましょう。



と言っても、この無人駅のまわりにはなんにもないので、久留米から来た列車は3分ここに停車していて、日田までいく列車なので、一旦外に出たあと、すぐにまた列車に戻ります。


光岡駅。「光」とかいて「てる」と読むとは、なかなか良いです。


日田までつきました。

ここで降りて、レンタカーを借ります。


日田駅の外観です。まあこんなもんでしょう。江戸時代、ここは天領だったらしく、歴史ある街並みが続く観光地なんです。観光案内所もあり、旅する場所としては魅力的です。とか言いながら、車を借りて日田とは違う場所にいくんですけどね。


では、出発です。のんきに停車して写真を撮っていましたが、赤信号かとおもったら、右折の矢印信号が出ていました。ぼけてちゃだめですね。


途中、道の駅がありますので、寄ってみましょう。


となりには大山側の力強い流れがみられます。


朝採り野菜?では、さっそく入ってみましょう。


朝採ったきゅうり。漬物の材料になりそうなものはきゅうりぐらいしかなくて、あとはジャガイモとかとうもろこし、スイカとかそんなものが多い様です。


目的地は高千穂の天の岩戸神社です。途中、阿蘇の地域を抜けていきます。そんな風景をざざっと。


阿蘇山は残念ながら雲に隠れていましたが、道沿いの風景もいろんな形や色合いに変化するので、走っていて楽しい場所です。

法に基づく消毒施設とやらが登場しました。素通りしてもいいみたいなんですが、迷惑をかけてはいけませんので、ちょっと消毒をお願いしてみました。


係の方が、車の下にどばーっと消毒液をかけています。大変な仕事です。


もうちょっと進むと、今度は消毒槽が登場です。まだまだ厳重です。


さて、どんどん進んでいくと、トンネルの駅とやらがありました。ちょっとみてみましょう。なにしろ、竜飛海底駅や筒石駅を見てきた私としては、トンネルの駅と聞いて黙っていられません。


滝があります。落差18mの滝、天孫降臨の滝という名前がついていますが、昔からそんな名前なんでしょうか?なんとなく、後付けのような雰囲気が...滝も不自然だし...まあ、観光資源ということで。


くろうまという焼酎をつくっているんですって。


奥が貯蔵庫になっていて、昔の計画にあった九州縦断鉄道のトンネルの跡です。この路線事態は着工後、事故により工事が中止になってしまったんですが、そのとき作られていたトンネル跡地をつかっているんです。


ずらっと樽が。中はひんやりしていて、気温、湿度がいつも一定だそうなので、こういう貯蔵には最適なのでしょう。


どうですか、この顔出し看板。許可を得ているんでしょうか...


SLが飾ってありました。こんな角度からちょこっとみるのが精一杯。

ということで、トンネルの中の駅じゃないじゃん、と思いつつ、天の岩戸神社へ向かいます。


到着しましたが、お昼ご飯を食べていないので、さっそく高千穂そばをいただきましょう。近くにたくさんのお土産屋があるので、こだわらなければどこでも食事ができますよ。


こちらが神社の入り口。天の岩戸には西本宮と東本宮の2つあり、こちらは西本宮です。ちなみに、西本宮は天の岩戸そのものをご神体としています。古事記などでは、ここに天照大神が、須佐之男の悪さに耐えかねて隠れた場所っていうことになっています。東本宮は天照大神が住んでいたところってことになっています。


こちら、天照大神の像...わかりやすく像にしているんでしょうけど、なんか腑に落ちない...


鳥居をくぐって、こんな山道を進んで行きます。なんだか、参詣者が多いです。数年前に来たときはこんなこと無かったのに、テレビとかで紹介されたのかな?例のパワースポットとか言うへんなブームに乗せられているんじゃなかろうか?


こちらは社務所。天の岩戸についたら、まずはこの社務所を訪れましょう。で、「遥拝所へ案内してください」とお願いします。すると、休憩所ですこし待たされたあと、他の方々と一緒に遥拝所へ案内してくださいます。遥拝所でなにを遥拝するかといえば、ご神体である天の岩戸そのものです。


こちらは拝殿前の門です。いろいろ説明してくださいますので、思いをはせて楽しみましょう。


こちらは、「招霊の木」(おがたまのき)です。天照大神が天の岩戸に隠れたときに、外で賑やかに神楽を舞っていたんですが、その舞っている「天鈿女命」(あまのうずめのみこと)が手に持って踊ったのが、この招霊の木だといわれています。モクレンだそうです。


こちらが拝殿です。ここでお参りします。ここまでは誰でも入れますが、受付をした人は、この奥の天の岩戸本体を見に行くことができます。ここはご神域といわれ、中での撮影は禁止されているため写真はありません。興味のあるかたは、ご自分の目でみてくださいませ。ちなみに、天の岩戸の周辺は、それこそ誰も入れません。神社の関係者ですら入れないところなのです。遥拝所から眺めるのみとなります。


こちらは神楽殿のところに飾ってある「彫物」(えりもの)というものです。干支だとか五行だとか、いろんな要素が混ざりあった飾りが紙で作られています。手の込んだものですので、みると感動すると思います。


さて、この看板にしたがって、天の安河原というところへ行きましょう。天の安河原とは、天照大神が天の岩戸に隠れた際に、こまった「思兼神」(おもいかね)を中心とする他の神様がどうしようかと対策を相談した場所が、この天の安河原と言われています。


途中、こんな風景をみながら進んで行きます。キレイですし、天の安河原に近づくに連れ、空気がかわっていくような気がします。



ここです。ここが天の安河原です。なかにはお社があります。ここでお参りすると、ここでは八百万の神にいっぺんにお願いすることになるので、かなわぬことなどない、と言われています。


まわりには、なんだか大量に石がつまれています。賽の河原みたいで、ちょっと不気味です。ですが、これは、願いを込めながら石を積むと、八百万の神がその願いを叶えてくれるって言われている、そんな儀式めいた話にもとづいていることです。


では、わたくしも、そのへんから崩れてしまっている石たちを拾い集めて、積んでみましょう。


できました!我ながら、すばらしい出来栄えです。他の人のやつより高く目立つように作ってみました...おっと、願いを念じるのを忘れてしまいましたので、ただ積んだだけになっちゃいました。まあ、願いを叶えて、っていうことより、万物に感謝するっていうのが神社の基本だとわたくし考えていますので、願い事なんてそもそもないんですけど。


駐車場の近くには、さざれ石があります。ここは出雲大社と同じく、岐阜産のさざれ石のようです。


こちら、「手力男命」(タヂカラオノミコト)の像です。え〜と、いわれはですね、天の岩戸に隠れたけど、なんだかまわりが騒がしく、自分が隠れているのにまわりが楽しそうなのはなんでだろうと不思議に思った天照大神がチラッと開けた戸をつかんで遠くへぶん投げた神様ってことになっています。ちなみに、その遠くへ飛んで行った戸は、長野県に飛んで行っています。長野にはそばで有名な戸隠というところがありますが、名前のとおり、天の岩戸を塞いでいた戸を隠した場所ってことで、戸隠なんですよ。


さて、東本宮もあると先ほど書きましたが、そちらにも行ってみましょう。こちらはさびれた雰囲気で、観光客は誰もいません。落ち着いていていい場所です。天の岩戸から出てきた天照大神に、思兼神がここに住んでとお願いしたんですが、住む場所として指定した場所が、この東本宮の場所ということになっています。


こちら、天鈿女命の像です。後ろを向いていますが...


誰かが近づくと、なぜか動き出します。最初にみたときは夕方だったので、ものすごくビビってしまいました。


階段をのぼりきると、本殿があります。


こんなお社です。お参りしましょう.


本殿を横から撮ってみました。鏡が見えます。


奥には御神水があります。汲んで帰ることができますので、よろしければどうぞ。

さて、天の岩戸神社を満喫しました。わたくし、いろんな神社に行きましたが、この神社が一番好きです。自然のものを祭ってるって、素敵ですよね。


では、帰り道です。ループ橋があったので、写真を。阿蘇へ抜けていくには山を攻略しなければいけないので、ループ橋やトンネルを通り、くねくねした道を進んでいくことになります。


またしても消毒ポイントでおねがいしちゃいました。旅行者がまき散らしちゃ申し訳ないですから。


こちらは、熊本県と大分県の県境。ここにも消毒ポイントがあります。対策しているのは宮崎だけではないんですね。

 

そんなこんなで、湯布院の宿に向けて移動中。今日の温泉は楽しみです。

 

ではまた。

コメント:



※申し訳ありませんがコメントフォームは携帯電話のブラウザからは書き込めません。Ajaxでの認証なので...
コメント
  • HTML文法 許可

今回の経路(地図)

こちらをクリック(ほぼ完成)

今回の経路(一覧)

稚内
05/24
音威子府
05/24
宗谷本線
名寄
05/24
新旭川
05/24
上川
05/24
石北本線
網走
05/25
知床斜里
05/25
釧網本線
川湯温泉
05/25
標茶
05/26
東釧路
05/26
釧路
05/26
根室本線
帯広
05/26
富良野
05/27
美瑛
05/27
富良野線
旭川
05/27
函館本線
岩見沢
05/28
室蘭本線
沼ノ端
05/28
南千歳
05/28
千歳線
(函)白石
05/29
札幌
05/29
函館本線
小樽
05/30
倶知安
05/30
比羅夫
05/30
長万部
05/31

05/31
五稜郭
05/31
江差線
木古内
06/01
竜飛海底
06/01
津軽海峡線
中小国
06/01
津軽線
青森
06/01
東北本線
八戸
06/02
東北新幹線
盛岡
06/02
山田線
釜石
06/02
遠野
06/02
釜石線
花巻
06/02
東北本線
北上
06/03
北上線
横手
06/03
大曲
06/03
奥羽本線
秋田
06/04
象潟
06/04
羽越本線
酒田
06/04
あつみ温泉
06/04
坂町
06/05
米坂線
米沢
06/05
山形
06/05
奥羽本線
大石田
06/05
新庄
06/06
中山平温泉
(06/06)
陸羽東線
鳴子温泉
06/07
小牛田
06/07
東北本線
一ノ関
06/07
大船渡線
気仙沼
06/07
気仙沼線
前谷地
06/07
石巻線
石巻
06/07
松島海岸
06/07
仙石線
仙台
06/07
東北新幹線
福島
06/08
東北本線
岩沼
06/08
原ノ町
06/08
常磐線
いわき
06/08
磐越東線
(北)郡山
06/08
猪苗代
06/08
磐越西線
会津若松
06/09
津川
06/09
新津
06/09
信越本線
長岡
06/09
上越新幹線
新潟
06/09
越後線
柏崎
06/10
信越本線
宮内
06/10
上越線
越後川口
06/10
十日町
06/10
飯山線
津南
06/11
戸狩野沢温泉
06/11
豊野
06/11
信越本線
直江津
06/11
筒石
06/11
北陸本線
糸魚川
06/11
南小谷
06/13
大糸線
松本
06/13
篠ノ井線
篠ノ井
06/13
信越本線
長野
06/13
北陸新幹線
高崎
06/13
上越新幹線
越後湯沢
06/13
水上
06/14
上越線
新前橋
06/14
両毛線
小山
06/14
宇都宮
06/14
東北本線
黒磯
06/14
安積永盛
06/14
水郡線
水戸
06/14
常磐線
新松戸
06/15
武蔵野線
南浦和
06/15
東北本線
赤羽
06/15
埼京線
池袋
06/15
田畑
06/15
山手線
秋葉原
06/15
錦糸町
06/15
総武本線
千葉
06/15
佐倉
06/15
成田
06/15
成田線
松岸
06/16
総武本線
成東
06/16
東金線
大網
06/16
外房線
安房鴨川
06/16
館山
06/16
内房線
富浦
06/17
保田
06/17
浜金谷
06/17
君津
06/17
蘇我
06/17
新浦安
06/17
京葉線
舞浜
06/17
東京
06/18
東北本線
神田
06/18
国分寺
06/18
中央東線
西国分寺
06/18
武蔵野線
武蔵浦和
06/18
埼京線
大宮
06/18
高崎線
倉賀野
06/18
高麗川
06/19
八高線
拝島
06/19
青梅線
立川
06/19
南武線
武蔵小杉
06/19
横須賀線
品川
06/19
東海道本線
川崎
06/20
南武線
尻手
06/20
南武線
浜川崎
06/20
鶴見線
鶴見
06/20
東海道本線
横浜
06/20
磯子
06/20
根岸線
大船
06/20
東海道本線
国府津
06/20
御殿場線
沼津
06/20
東海道本線
富士
06/20
身延線
甲府
06/20
中央東線
八王子
06/21
横浜線
新横浜
06/21
東海道新幹線
小田原
06/22
熱海
06/22
東海道本線
三島
06/22
東海道新幹線
静岡
06/22
浜松
06/22
東海道本線
豊橋
06/23
飯田
06/23
飯田線
辰野
06/24
川岸
06/24
中央東線
岡谷
06/24
中央東線
塩尻
06/24
中央西線
(中)金山
06/24
東海道本線
名古屋
06/24
関西本線
亀山
06/25
多気
06/25
紀勢本線
熊野市
06/25
新宮
06/25
紀伊勝浦
06/25
串本
06/26
紀伊田辺
06/26
和歌山
06/26
橋本
06/27
和歌山線
五条
06/27
(和)高田
06/27
桜井線
奈良
06/27
関西本線
今宮
06/28
大阪
06/28
大阪環状線
京橋
同志社前
06/28
片町線
木津
加茂
06/28
関西本線
柘植
草津線
草津
大津
06/28
東海道本線
山科
06/29
湖西線
近江塩津
06/29
北陸本線
米原
06/29
大垣
06/29
東海道本線
岐阜
06/29
高山
06/29
高山本線
猪谷
06/30
富山
06/30
金沢
06/30
北陸本線
敦賀
07/01
小浜
07/01
小浜線
東舞鶴
07/02
舞鶴線
綾部
07/02
園部
07/02
山陰本線
嵯峨嵐山
07/02
京都
07/03
東海道本線
新大阪
07/03
山陽新幹線
西明石
07/03
山陽本線
神戸
07/03
三ノ宮
07/03
東海道本線
尼崎
07/04
福知山線
福知山
07/04
城崎温泉
07/04
山陰本線
浜坂
07/05
鳥取
07/05
智頭
07/05
因美線
東津山
07/05
林野
07/05
姫新線
姫路
07/06
山陽本線
相生
07/06
赤穂線
(山陽本線を選択乗車)
東岡山
07/06
山陽本線
岡山
07/06
津山線
津山
07/06
姫新線
新見
07/07
伯備線
倉敷
07/07
山陽本線
福山
07/07
府中
07/07
福塩線
塩町
07/07
備後落合
07/07
芸備線
備中神代
07/07
伯備線
伯耆大山
07/07
米子
07/07
山陰本線
出雲市
07/08
温泉津
07/08
江津
07/09
三江線
三次
07/09
芸備線
広島
07/09
宮島口
07/10
山陽本線
岩国
07/10
岩徳線
(山陽本線に乗車)
櫛ヶ浜
07/11
山陽本線
新山口
07/11
津和野
07/11
山口線
益田
07/11
東萩
07/11
山陰本線
長門市
07/12
美祢
07/12
美祢線
厚狭
07/12
下関
07/12
山陽本線
門司
07/13
鹿児島本線
西小倉
07/13
別府
07/13
日豊本線
宮崎
07/14
都城
07/14
吉都線
吉松
07/15
肥薩線
隼人
07/15
日豊本線
鹿児島
07/15
鹿児島中央
07/15
鹿児島本線
(鹿)川内
07/15
九州新幹線
新八代
07/15
熊本
07/15
鹿児島本線
久留米
07/16
久大本線
夜明
07/16
日田彦山線
田川後藤寺
07/17
後藤寺線
新飯塚
07/17
筑豊本線
折尾
07/17
鹿児島本線
吉塚
07/17
篠栗線
(筑)桂川
07/18
筑豊本線
原田
07/18
鹿児島本線
鳥栖
07/18
吉野ヶ里公園
07/18
長崎本線
佐賀
07/18
肥前山口
07/19
諫早
07/19
大村線
早岐
07/19
佐世保線
肥前山口
07/19

Calendar

最近のエントリ

Feeds

Links

Navigation