2010/06/21 月曜日

武田神社と昇仙峡

甲府で観光といえば、昇仙峡ってことになります。東京から近いこんなところに、こんなに景色のよい場所があるなんて、贅沢な話です。さっそく行ってみましょう。


甲府駅北口は再開発中だそうで、こんな入り口になっています。レンタカーは南口なので、そっちまで歩いて大荷物をなんとか運んで車を借ります。


THE BOOMというバンドの「星のラブレター」での「朝日通りは夕飯時...」という歌詞、この道がずばり、朝日通りです。実在するんです。両サイドは商店街になっていて、車は一方通行っていう道です。

って、ちょっと古い歌だからわからないかな??


こちらは桜並木道になっている武田通りです。甲府駅北口から、武田神社に向けてまっすぐ伸びている坂道で、途中には山梨大学があります。きれいな道です。


昇仙峡に行く前に、武田神社によってみましょう。武田信玄をお祭りしている神社なんです。甲府市民の初詣といえば、ここに来ます。


お掘です。それ以上でもそれ以下でもなく、お掘なんです。全然コメントできません...


階段の左右には右近、左近がそれぞれ橘と桜ってことで植えてあります。これは、いつからあるんでしょう?ずいぶん若い木のようです。


鳥居をくぐると、きれいな境内がみえます。平日とはいえなかなかの混雑です。


手水舎には、奉納算額がぶら下がっています。むずかしい問題です。途中で考えるのを諦めたくなります。上の写真は写りがわるいですが、実際に武田神社に行けばちゃんと見られますので、興味のある方は挑戦してみては?

こちら、「夏越祓」(なごしのはらえ)のためのものです。別名「水無月(6月)の祓え」ともいい、半年間の汚れを清めるそうです。この輪をくぐって左側から戻り、またくぐって今度は右側から戻り、最後にくぐったらみそぎ完了という段取りです。これを「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」といいます。6月30日が本来の祓いのタイミングで、武田神社では午後3時からお祓いが始まるそうです。

チャボが放し飼いになって、縦横無尽に神社内をたのしんでいるようです。


こちらが拝殿です。ここで賽銭を入れたり二礼二拍一礼したりします。


右側には、信玄公がつかったという井戸が。もともと、武田神社の敷地はつつじがさきの館といって、信玄と親と子の3代にわたって住んでいた館の跡地なので、それこそなにもかも使っていたんでしょう。信玄公が使っていたって、そりゃ当たり前だろ!と突っ込みたくなりますが、まあ許しておきましょう。


隣には宝物殿があります。この中を見たことがないので、ちょっと入ってみます。

中のものは撮影禁止なので、写真は唯一これだけです。これは撮っていいって。記念にどうぞだそうです。この像の横には、あの有名な風林火山の軍旗が飾ってありました。ちょっと興奮気味です。貴重なものなので、ぜひ見てみてくださいませ。


拝殿の左側には、武田水琴窟というものがあります。左上の竹筒から水がちょろちょろって出てきて、それがこの甕の中に落ちていきます。この甕は底に小さな穴が開いていて、ある程度水がたまるように作られています。ちょろちょろ出てきた水が甕の中に落ちると、それはそれはきれいな音がなります。その音を、手前右の竹筒に耳を近づけて楽しむ、っていうものです。名前に武田とついていますが、武田信玄とは関係ないようです。


こちらは、名水・姫の井戸というものです。信玄公の娘が生まれるときに産湯に使ったからこの名前がついたんだとか。この水は汲んで帰ってOKです。特製のペットボトルもおまもりと一緒に売っていました。

さてさて、武田神社もひととおり楽しんだので、次へ行きましょう。



ちょっと立ち寄ったのは、武田信玄のお墓といわれているところです。墓を守るためなのか、むかしはこのあたりを通ると落馬したり病気になったりするから近寄るな、といわれていたそうです。いまではまわりは住宅地なんです。


これは、もはや意味不明でしょうけれども、甲府第一高等学校の校舎と横店、前店です。


こちらは山梨大学教育人間学部附属中学校の校舎と赤レンガ館です。深い意味はありません。


やっとやって参りました。昇仙峡です。ここにかかれているように、読売新聞の平成百景という企画で全国300箇所の候補地の中から第2位という高評価を得たという場所です。300箇所を評価できるほど投票者が候補地のことを知っているのかどうかは置いておきましょう。昇仙峡は、地元山梨の熱烈な指示で2位になったという記載がありましたが、それも忘れましょう。いいんです。とにかく2位なんです。1位は富士山だから、2位はすごいんです。

以下、風景なので言葉でどうのこうのってことはないので、写真をぺたぺた貼り付けておきます。


最後の写真にある滝は、「仙娥滝(せんがたき)」というものです。水しぶきがあがって、気持ちがいいところです。


滝の上はお土産屋さんがいっぱいあったりします。そんななか、昇仙峡と言えば水晶なんですが、こんな巨大水晶が置いてあります。触ってパワーをもらってください、ってなことです。

そろそろお腹が空いてきました。滝の上にあるこちらのお店で食事にします。ここは「橋本屋」というところで、昇仙峡で食事をしたいなら、このお店にしておけば間違いなしですよ。

注文したのは、ほうとう定食(魚は岩魚に変更してもらっています)にしました。ほうとうは出てくるまでにちょっと待つのですが、先にこのセットが出てきてくれるので、魚を楽しみながらほうとうの到着を待ちます。


さあ、本命の到着です。ほうとうはうどんの太いやつのように思われがちですが、うどんとは作り方がちがうので、たとえば麺には塩分を使っていないので湯がいて塩分を抜くようなこともなく、いきなり生麺から鍋に放り込んで煮込み、とろみが汁にでます、などと違う点が多いですね。味噌仕立ての汁にかぼちゃをいれるのが一般的で、このかぼちゃの甘さがたまりません。おいしいです。具沢山ですので、いろいろな野菜も食べられます。これまた素敵です。

満足度の高い食事ができました。おすすめです。

昇仙峡を散策→橋本屋で食事→ロープウェイで上へ、みたいなコースがよいと思われます。ですが、もう歩いて歩いて汗をいっぱいかいてしまったので、ロープウェイは省略して、次はどこか近隣の温泉に行こうと思います。

 

ではまた。

コメント:



※申し訳ありませんがコメントフォームは携帯電話のブラウザからは書き込めません。Ajaxでの認証なので...
コメント
  • HTML文法 許可

今回の経路(地図)

こちらをクリック(ほぼ完成)

今回の経路(一覧)

稚内
05/24
音威子府
05/24
宗谷本線
名寄
05/24
新旭川
05/24
上川
05/24
石北本線
網走
05/25
知床斜里
05/25
釧網本線
川湯温泉
05/25
標茶
05/26
東釧路
05/26
釧路
05/26
根室本線
帯広
05/26
富良野
05/27
美瑛
05/27
富良野線
旭川
05/27
函館本線
岩見沢
05/28
室蘭本線
沼ノ端
05/28
南千歳
05/28
千歳線
(函)白石
05/29
札幌
05/29
函館本線
小樽
05/30
倶知安
05/30
比羅夫
05/30
長万部
05/31

05/31
五稜郭
05/31
江差線
木古内
06/01
竜飛海底
06/01
津軽海峡線
中小国
06/01
津軽線
青森
06/01
東北本線
八戸
06/02
東北新幹線
盛岡
06/02
山田線
釜石
06/02
遠野
06/02
釜石線
花巻
06/02
東北本線
北上
06/03
北上線
横手
06/03
大曲
06/03
奥羽本線
秋田
06/04
象潟
06/04
羽越本線
酒田
06/04
あつみ温泉
06/04
坂町
06/05
米坂線
米沢
06/05
山形
06/05
奥羽本線
大石田
06/05
新庄
06/06
中山平温泉
(06/06)
陸羽東線
鳴子温泉
06/07
小牛田
06/07
東北本線
一ノ関
06/07
大船渡線
気仙沼
06/07
気仙沼線
前谷地
06/07
石巻線
石巻
06/07
松島海岸
06/07
仙石線
仙台
06/07
東北新幹線
福島
06/08
東北本線
岩沼
06/08
原ノ町
06/08
常磐線
いわき
06/08
磐越東線
(北)郡山
06/08
猪苗代
06/08
磐越西線
会津若松
06/09
津川
06/09
新津
06/09
信越本線
長岡
06/09
上越新幹線
新潟
06/09
越後線
柏崎
06/10
信越本線
宮内
06/10
上越線
越後川口
06/10
十日町
06/10
飯山線
津南
06/11
戸狩野沢温泉
06/11
豊野
06/11
信越本線
直江津
06/11
筒石
06/11
北陸本線
糸魚川
06/11
南小谷
06/13
大糸線
松本
06/13
篠ノ井線
篠ノ井
06/13
信越本線
長野
06/13
北陸新幹線
高崎
06/13
上越新幹線
越後湯沢
06/13
水上
06/14
上越線
新前橋
06/14
両毛線
小山
06/14
宇都宮
06/14
東北本線
黒磯
06/14
安積永盛
06/14
水郡線
水戸
06/14
常磐線
新松戸
06/15
武蔵野線
南浦和
06/15
東北本線
赤羽
06/15
埼京線
池袋
06/15
田畑
06/15
山手線
秋葉原
06/15
錦糸町
06/15
総武本線
千葉
06/15
佐倉
06/15
成田
06/15
成田線
松岸
06/16
総武本線
成東
06/16
東金線
大網
06/16
外房線
安房鴨川
06/16
館山
06/16
内房線
富浦
06/17
保田
06/17
浜金谷
06/17
君津
06/17
蘇我
06/17
新浦安
06/17
京葉線
舞浜
06/17
東京
06/18
東北本線
神田
06/18
国分寺
06/18
中央東線
西国分寺
06/18
武蔵野線
武蔵浦和
06/18
埼京線
大宮
06/18
高崎線
倉賀野
06/18
高麗川
06/19
八高線
拝島
06/19
青梅線
立川
06/19
南武線
武蔵小杉
06/19
横須賀線
品川
06/19
東海道本線
川崎
06/20
南武線
尻手
06/20
南武線
浜川崎
06/20
鶴見線
鶴見
06/20
東海道本線
横浜
06/20
磯子
06/20
根岸線
大船
06/20
東海道本線
国府津
06/20
御殿場線
沼津
06/20
東海道本線
富士
06/20
身延線
甲府
06/20
中央東線
八王子
06/21
横浜線
新横浜
06/21
東海道新幹線
小田原
06/22
熱海
06/22
東海道本線
三島
06/22
東海道新幹線
静岡
06/22
浜松
06/22
東海道本線
豊橋
06/23
飯田
06/23
飯田線
辰野
06/24
川岸
06/24
中央東線
岡谷
06/24
中央東線
塩尻
06/24
中央西線
(中)金山
06/24
東海道本線
名古屋
06/24
関西本線
亀山
06/25
多気
06/25
紀勢本線
熊野市
06/25
新宮
06/25
紀伊勝浦
06/25
串本
06/26
紀伊田辺
06/26
和歌山
06/26
橋本
06/27
和歌山線
五条
06/27
(和)高田
06/27
桜井線
奈良
06/27
関西本線
今宮
06/28
大阪
06/28
大阪環状線
京橋
同志社前
06/28
片町線
木津
加茂
06/28
関西本線
柘植
草津線
草津
大津
06/28
東海道本線
山科
06/29
湖西線
近江塩津
06/29
北陸本線
米原
06/29
大垣
06/29
東海道本線
岐阜
06/29
高山
06/29
高山本線
猪谷
06/30
富山
06/30
金沢
06/30
北陸本線
敦賀
07/01
小浜
07/01
小浜線
東舞鶴
07/02
舞鶴線
綾部
07/02
園部
07/02
山陰本線
嵯峨嵐山
07/02
京都
07/03
東海道本線
新大阪
07/03
山陽新幹線
西明石
07/03
山陽本線
神戸
07/03
三ノ宮
07/03
東海道本線
尼崎
07/04
福知山線
福知山
07/04
城崎温泉
07/04
山陰本線
浜坂
07/05
鳥取
07/05
智頭
07/05
因美線
東津山
07/05
林野
07/05
姫新線
姫路
07/06
山陽本線
相生
07/06
赤穂線
(山陽本線を選択乗車)
東岡山
07/06
山陽本線
岡山
07/06
津山線
津山
07/06
姫新線
新見
07/07
伯備線
倉敷
07/07
山陽本線
福山
07/07
府中
07/07
福塩線
塩町
07/07
備後落合
07/07
芸備線
備中神代
07/07
伯備線
伯耆大山
07/07
米子
07/07
山陰本線
出雲市
07/08
温泉津
07/08
江津
07/09
三江線
三次
07/09
芸備線
広島
07/09
宮島口
07/10
山陽本線
岩国
07/10
岩徳線
(山陽本線に乗車)
櫛ヶ浜
07/11
山陽本線
新山口
07/11
津和野
07/11
山口線
益田
07/11
東萩
07/11
山陰本線
長門市
07/12
美祢
07/12
美祢線
厚狭
07/12
下関
07/12
山陽本線
門司
07/13
鹿児島本線
西小倉
07/13
別府
07/13
日豊本線
宮崎
07/14
都城
07/14
吉都線
吉松
07/15
肥薩線
隼人
07/15
日豊本線
鹿児島
07/15
鹿児島中央
07/15
鹿児島本線
(鹿)川内
07/15
九州新幹線
新八代
07/15
熊本
07/15
鹿児島本線
久留米
07/16
久大本線
夜明
07/16
日田彦山線
田川後藤寺
07/17
後藤寺線
新飯塚
07/17
筑豊本線
折尾
07/17
鹿児島本線
吉塚
07/17
篠栗線
(筑)桂川
07/18
筑豊本線
原田
07/18
鹿児島本線
鳥栖
07/18
吉野ヶ里公園
07/18
長崎本線
佐賀
07/18
肥前山口
07/19
諫早
07/19
大村線
早岐
07/19
佐世保線
肥前山口
07/19

Calendar

最近のエントリ

Feeds

Links

Navigation