2010/06/12 土曜日

雨飾温泉の朝

22時過ぎに寝たら、それは誰だって4時に起きてしまいますよね。

 

4時半ごろの外の風景です。鋸山の稜線が美しい朝です。


昨日は暗くて撮れなかった、露天風呂「都忘れの湯」を撮影します。こんな入り口です。


楓の中を抜けていくと脱衣所があります。


こちらが都忘れの湯です。入ると、都のことなど忘れてしまうほどゆっくりくつろげる温泉ということです。


お湯は、以前は単純に出していただけだそうですが、今では鹿威しにしたりして、「じょぼじょぼじょぼ~、コンッ」という音が楽しめるようになっています。

外のお風呂で、加温も循環もないのですから、当然気温に応じて湯温が下がります。この温度ですと永遠に入っていられるんじゃないかというぐらい快適です。


食事は7時からお願いしてあるので、まだまだ時間があります。山荘の中を探検してみると、こんな大広間がありました。


しっかりした骨組みと、暖かい日差しがなんとも言えないいい雰囲気を作り出しています。ここで10人ぐらいでわいわい過ごすのも楽しそうです。


食堂の雰囲気です。すでに山男のお二人は5時半に食事をし、もう雨飾山へ出発しているそうです。この宿にはわたくしだけしかいません。


朝食ができたそうですので、いただきます。時間に合わせて調理をしてくださっているので、あたたかいほうがおいしいものは、きちんと温かくなっています。おいしいです。まさかの納豆もあります。幸せです。


こちら、温泉ご飯です。温泉のお湯を使って炊き上げるお米で、若干色がついていますが、ふっくらと、ほんの少し香ばしいかんじで炊き上がっており、どうしても食が進んでしまいます。


こちらはのっぺりというそうで、とろろ芋と大根おろしを混ぜたものです。こちらも温泉ご飯との相性抜群です。

本当に山小屋とは思えない料理を出してくださるので、たいへん満足しております。

例によって、宿のご主人とお話をします。山小屋としての使命のお話や、登山の心得で一番重要なのは「帰ってくること」です、と山に挑戦する方々に伝えている、というお話、小谷から越えて雨飾までくる方々は、ほとほと疲れ果てて、最後の方では10円玉が重く感じてしょうがない、1万円札より、10円玉の方が重いんだ、というような話など、知らない世界のことをいろいろ教えてくださいます。

さて、この後は、10時43分糸魚川発、11時44分南小谷着の普通列車にのるように考えていましたが、この居心地の良さを最後まで味わうには、もはや出発したくなったら出る、というテンションでいいかな、などと思い始めてしまいました。

食後、やっぱり風呂に入り、部屋を片付けた後、宿の入り口の右側にある休憩スペースで、ひなたぼっこしながらのんびりします。


こんな部屋です。昨日お伝えした、ずいぶん昔に新潟県知事が書いたという「天籟」の書がかざってあります。


雨飾山という名前の由来のかかれた札も飾ってあります。諸説あるそうです。


昨日見た不思議な看板、このことでした。らあめん愛とは、昨今の大河ドラマに便乗していそうです。


はんごろしラーメンというのは、激辛ラーメンのことで、900円のところ、スープまで飲み干す完食をしたら、100円キャッシュバックというものです。辛いのが得意なわたくし、挑戦してもよいのですが、まだ朝なので、いきなりそんなにテンションあげてもしょうがないので見なかったことにします。


タバコも売っています。500円でも吸いますか?という問いに、あなたなら何と答えるでしょうか?


日帰り温泉というか、長野の小谷のほうから山越えしてきた方々が、汗を流して疲れを癒すために、お風呂だけを借りることができるそうです。500円という良心価格でこれだけのお湯に入れるのですから、かなりお得です。山好きなかたは、ぜひそんな展開を考えてみてください。


だいぶ太陽があがってきて、緑がますます美しくなってきました。最高の景色です。


各方面の山の方角がかかれたプレートがおいてありました。勉強になります。雨飾山は1963.2メートルの高さですが、この山荘のある登山口は海抜900メートルとのこと。ここから山頂まで、1000メートルも上がっていくんですって。たいへんな挑戦ですね。宿のご主人が子供の頃は、小学校の遠足で、麓の学校から低学年はこの温泉まで、高学年は山頂まで、という遠足だったそうです。なんだか昔の子供の鍛えられ方は、今の子供たちには真似できないレベルです。たまげました。

宿の先々代の方は、この山荘から逆に麓の小学校まで、毎日通っていたそうです。麓まで、大人の足で徒歩40分ぐらいはかかるそうですから、それを歩いて、しかも帰りの上り道では、帰る前にできるだけ缶詰を買うように親からお願いされていたので荷物を重たくした状態で歩いて帰ったんだとか。冬期は山荘が閉じるので、麓に仮住まいするらしく、そのときは歩く距離が短くて幸せだったそうです。そんな生活、いまでは想像できません。

それから、缶詰といえば、ちゃんと道ができるまでは、この山荘で出せたものは、やっぱりちょっとした缶詰ぐらいだけだったそうです。今は本当に恵まれていますね。


内湯の建物を外から見ると、雨飾山登山口とかかれた看板があります。こちらから登っていくんです。今朝も、一緒に宿泊したお二人の他にも4~5人登っていきます。みなさん、登山を愛しているんですね。


登山口をほんのすこし登ると、千代の泉とやらがあります。こちらから出ている水を、宿では利用しているんです。水はたいへんおいしいものです。


ここは、登山口すぐにあるキャンプができるスペースです。山荘ですごすのではなく、ここでテントをはって天体観測などというのもよいかもしれません。


せっかくですので、ひなたぼっこでお茶でものみながら、こんな漬物を食べてみましょう。

非常によい仕上がりで、たいへんおいしく仕上がっています。最高です。この漬物の旅、なかなかよい企画であるという自信がついてきました。

このあとは、またしても宿のご主人とお話をします。先ほどまでは山についていろいろ教えていただいたので、今度はわたくしの旅について説明します。「一大事業ですね」と感激してくださるご主人。あまりの感激に、わたくしの持っている秘湯の本を貸してくれ、と、一筆書かせてほしい、というお話をいただきまして、すてきな書を書いていただけることになりました。これもまた、うれしいお話です。

なんだか最初から最後まで、何も文句がないところです。本当に感動です。最高に幸せです。

名残惜しいのですが、レンタカー屋には9時、または10時すぎちゃうかも、という返却時間を伝えてあったので、そろそろいかないといけません。そろそろ、って言っても、もう10時なんですけど。もはや10時43分糸魚川発の列車は諦めました。

別れ際には「是非ゴールしたらそのことを伝えてほしい」と言われるご主人、見えなくなるまで満面の笑顔で手を振ってくださるご主人、そしてその笑顔を支えるミッキーマウス、実にすばらしいお別れでした。ゴールしたら、必ずお伝えしますよ。ありがとうございました。



途中、滝の前をまた通過します。

また、ふりむき峠を通過します。昨日のご主人のお話では、ここを通る人は、なんとなくここで一度下の方を振り向いてみてみるんだそうで、それでふりむき峠と名づけたんだとか。ここが娑婆の明かりを見る最後のポイント、ここから先は街の光もみえず、都を忘れる空間だとか。そして、滝こそ三途の川原であり、ここを渡れば天国に行く、というトンチのお話だそうです。


こちら、ちょっと遠くて見づらいですが、雨飾山のシルエットです。ちょうどガスがかかっているので、何となくしか見えませんが。

 

さて、これからとりあえず糸魚川駅へ向かいます。その後の予定は、駅についてから考えるつもりです。

 

ではまた。

コメント:



※申し訳ありませんがコメントフォームは携帯電話のブラウザからは書き込めません。Ajaxでの認証なので...
コメント
  • HTML文法 許可

今回の経路(地図)

こちらをクリック(ほぼ完成)

今回の経路(一覧)

稚内
05/24
音威子府
05/24
宗谷本線
名寄
05/24
新旭川
05/24
上川
05/24
石北本線
網走
05/25
知床斜里
05/25
釧網本線
川湯温泉
05/25
標茶
05/26
東釧路
05/26
釧路
05/26
根室本線
帯広
05/26
富良野
05/27
美瑛
05/27
富良野線
旭川
05/27
函館本線
岩見沢
05/28
室蘭本線
沼ノ端
05/28
南千歳
05/28
千歳線
(函)白石
05/29
札幌
05/29
函館本線
小樽
05/30
倶知安
05/30
比羅夫
05/30
長万部
05/31

05/31
五稜郭
05/31
江差線
木古内
06/01
竜飛海底
06/01
津軽海峡線
中小国
06/01
津軽線
青森
06/01
東北本線
八戸
06/02
東北新幹線
盛岡
06/02
山田線
釜石
06/02
遠野
06/02
釜石線
花巻
06/02
東北本線
北上
06/03
北上線
横手
06/03
大曲
06/03
奥羽本線
秋田
06/04
象潟
06/04
羽越本線
酒田
06/04
あつみ温泉
06/04
坂町
06/05
米坂線
米沢
06/05
山形
06/05
奥羽本線
大石田
06/05
新庄
06/06
中山平温泉
(06/06)
陸羽東線
鳴子温泉
06/07
小牛田
06/07
東北本線
一ノ関
06/07
大船渡線
気仙沼
06/07
気仙沼線
前谷地
06/07
石巻線
石巻
06/07
松島海岸
06/07
仙石線
仙台
06/07
東北新幹線
福島
06/08
東北本線
岩沼
06/08
原ノ町
06/08
常磐線
いわき
06/08
磐越東線
(北)郡山
06/08
猪苗代
06/08
磐越西線
会津若松
06/09
津川
06/09
新津
06/09
信越本線
長岡
06/09
上越新幹線
新潟
06/09
越後線
柏崎
06/10
信越本線
宮内
06/10
上越線
越後川口
06/10
十日町
06/10
飯山線
津南
06/11
戸狩野沢温泉
06/11
豊野
06/11
信越本線
直江津
06/11
筒石
06/11
北陸本線
糸魚川
06/11
南小谷
06/13
大糸線
松本
06/13
篠ノ井線
篠ノ井
06/13
信越本線
長野
06/13
北陸新幹線
高崎
06/13
上越新幹線
越後湯沢
06/13
水上
06/14
上越線
新前橋
06/14
両毛線
小山
06/14
宇都宮
06/14
東北本線
黒磯
06/14
安積永盛
06/14
水郡線
水戸
06/14
常磐線
新松戸
06/15
武蔵野線
南浦和
06/15
東北本線
赤羽
06/15
埼京線
池袋
06/15
田畑
06/15
山手線
秋葉原
06/15
錦糸町
06/15
総武本線
千葉
06/15
佐倉
06/15
成田
06/15
成田線
松岸
06/16
総武本線
成東
06/16
東金線
大網
06/16
外房線
安房鴨川
06/16
館山
06/16
内房線
富浦
06/17
保田
06/17
浜金谷
06/17
君津
06/17
蘇我
06/17
新浦安
06/17
京葉線
舞浜
06/17
東京
06/18
東北本線
神田
06/18
国分寺
06/18
中央東線
西国分寺
06/18
武蔵野線
武蔵浦和
06/18
埼京線
大宮
06/18
高崎線
倉賀野
06/18
高麗川
06/19
八高線
拝島
06/19
青梅線
立川
06/19
南武線
武蔵小杉
06/19
横須賀線
品川
06/19
東海道本線
川崎
06/20
南武線
尻手
06/20
南武線
浜川崎
06/20
鶴見線
鶴見
06/20
東海道本線
横浜
06/20
磯子
06/20
根岸線
大船
06/20
東海道本線
国府津
06/20
御殿場線
沼津
06/20
東海道本線
富士
06/20
身延線
甲府
06/20
中央東線
八王子
06/21
横浜線
新横浜
06/21
東海道新幹線
小田原
06/22
熱海
06/22
東海道本線
三島
06/22
東海道新幹線
静岡
06/22
浜松
06/22
東海道本線
豊橋
06/23
飯田
06/23
飯田線
辰野
06/24
川岸
06/24
中央東線
岡谷
06/24
中央東線
塩尻
06/24
中央西線
(中)金山
06/24
東海道本線
名古屋
06/24
関西本線
亀山
06/25
多気
06/25
紀勢本線
熊野市
06/25
新宮
06/25
紀伊勝浦
06/25
串本
06/26
紀伊田辺
06/26
和歌山
06/26
橋本
06/27
和歌山線
五条
06/27
(和)高田
06/27
桜井線
奈良
06/27
関西本線
今宮
06/28
大阪
06/28
大阪環状線
京橋
同志社前
06/28
片町線
木津
加茂
06/28
関西本線
柘植
草津線
草津
大津
06/28
東海道本線
山科
06/29
湖西線
近江塩津
06/29
北陸本線
米原
06/29
大垣
06/29
東海道本線
岐阜
06/29
高山
06/29
高山本線
猪谷
06/30
富山
06/30
金沢
06/30
北陸本線
敦賀
07/01
小浜
07/01
小浜線
東舞鶴
07/02
舞鶴線
綾部
07/02
園部
07/02
山陰本線
嵯峨嵐山
07/02
京都
07/03
東海道本線
新大阪
07/03
山陽新幹線
西明石
07/03
山陽本線
神戸
07/03
三ノ宮
07/03
東海道本線
尼崎
07/04
福知山線
福知山
07/04
城崎温泉
07/04
山陰本線
浜坂
07/05
鳥取
07/05
智頭
07/05
因美線
東津山
07/05
林野
07/05
姫新線
姫路
07/06
山陽本線
相生
07/06
赤穂線
(山陽本線を選択乗車)
東岡山
07/06
山陽本線
岡山
07/06
津山線
津山
07/06
姫新線
新見
07/07
伯備線
倉敷
07/07
山陽本線
福山
07/07
府中
07/07
福塩線
塩町
07/07
備後落合
07/07
芸備線
備中神代
07/07
伯備線
伯耆大山
07/07
米子
07/07
山陰本線
出雲市
07/08
温泉津
07/08
江津
07/09
三江線
三次
07/09
芸備線
広島
07/09
宮島口
07/10
山陽本線
岩国
07/10
岩徳線
(山陽本線に乗車)
櫛ヶ浜
07/11
山陽本線
新山口
07/11
津和野
07/11
山口線
益田
07/11
東萩
07/11
山陰本線
長門市
07/12
美祢
07/12
美祢線
厚狭
07/12
下関
07/12
山陽本線
門司
07/13
鹿児島本線
西小倉
07/13
別府
07/13
日豊本線
宮崎
07/14
都城
07/14
吉都線
吉松
07/15
肥薩線
隼人
07/15
日豊本線
鹿児島
07/15
鹿児島中央
07/15
鹿児島本線
(鹿)川内
07/15
九州新幹線
新八代
07/15
熊本
07/15
鹿児島本線
久留米
07/16
久大本線
夜明
07/16
日田彦山線
田川後藤寺
07/17
後藤寺線
新飯塚
07/17
筑豊本線
折尾
07/17
鹿児島本線
吉塚
07/17
篠栗線
(筑)桂川
07/18
筑豊本線
原田
07/18
鹿児島本線
鳥栖
07/18
吉野ヶ里公園
07/18
長崎本線
佐賀
07/18
肥前山口
07/19
諫早
07/19
大村線
早岐
07/19
佐世保線
肥前山口
07/19

Calendar

最近のエントリ

Feeds

Links

Navigation